トピックス‎ > ‎

2016年2月5日

2016/02/04 21:38 に 長洞希 が投稿   [ 2016/02/04 22:46 に更新しました ]
祝!鳥取大学医学部生命科学科特別奨励賞受賞

当研究部の 山田秀俊 主任研究員が、
鳥取大学医学部生命科学科特別奨励賞を受賞しました。
この賞は、鳥取大学医学部生命科学科の卒業生のうち、
教育、研究、社会・国際貢献において顕著な功績を収めた者を顕彰するもので、
卒業生の山田主任研究員による「イサダの肥満抑制効果に関する研究」と
その社会貢献が評価され受賞に至りました。

山田主任研究員のコメントはこちら↓
岩手生物工学研究センターのホームページ
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

本日は、山田主任研究員が受賞した研究の主役「イサダ」を用いた実験風景をご紹介します。


こちらは茹でたイサダ。
熱をかけると体が白くなります。
卵の白身を加熱すると白くなるのと同じ原理です。

乳鉢に入れて。

潰します。
ミンチにしてしまいます。

緩衝液や試薬を入れて、ドロっとした状態に。

以上、サンプル調製の一部をご紹介しました。


昨日は立春でしたが、三陸の春を知らせると言われるのが「イサダ(ツノナシオキアミ)」です
今月末〜来月初旬あたりにイサダ漁が解禁になります。
今シーズンは例年とは気候が違うので、海も様子が違うようです。
(遠く日本海の富山県は、寒ブリが例年の1/10しか取れていないそうで)

大事なサンプルであるイサダたちが、例年通り三陸沿岸にやってくることを祈らずにはおれません。
Comments