トピックス‎ > ‎

2016年1月8日

2016/01/07 22:19 に 長洞希 が投稿   [ 2016/01/07 22:34 に更新しました ]
2016年が始まりました。
今年もよろしくお願いいたします。
当研究部は、今年も岩手の農林水産業に役立つ研究に邁進してまいります!


さて、恒例の作業風景。
エビのミソ部分を溶媒に入れました。
生のエビのミソは深緑。右下の部分に色が残っています。
でも、溶媒を入れると肌色に変化します。
なんでだろう??

これをホモジナイズします。
ホモジナイザーです。
中の刃が回転して、細胞を切り刻みながら均質化します。

均質化したので、懸濁液になりました。
色は、ピンクがかったベージュです。

今回のエビは一例。
動物や植物などの様々な試料の細胞を切り刻むことができます。
細胞の中にある成分を分析する際に行う作業です。
Comments