研究内容

抗がん剤や抗コレステロール薬など、天然物化学研究が

基礎となって発見された処方薬は数多く存在します。

また、mTORやヒストン脱アセチル酵素など、

生体内で重要な働きを担っているタンパク質の多くも

天然物化学の研究を通じて同定されています。


身近に存在する植物、微生物、海洋生物には

生命現象の解明に役立つ化合物が

まだまだ多く含まれている可能性があります。


我々は、疾病予防・改善効果のある食品由来成分の研究に

取り組むとともに、農林水産物由来の生理活性物質を利用した

ケミカルバイオロジー研究に取り組んでいます。


これまでに、シイタケヤマブドウの抗齲蝕効果について研究してきました。

現在は、イサダ、竜胆、雑穀ナマコ、ホヤ、フジツボ などを

対象として研究を行っています。

(詳しい研究内容はそれぞれのリンクをご覧下さい。

なお、論文発表済みの研究成果のみHPに掲載しております。)

 

そのほか、次世代シークエンサーを用いた

トランスクリプトーム解析をサポートするプログラムkTangs1)や

LC/MSデータ比較のためのプログラム開発(kMet)などにも取り組んでいます。

Comments